So-net無料ブログ作成
検索選択

TBS『世界ふしぎ発見』「スフィンクスの謎 遂に解明」について 2

2つのピラミッドの間に太陽が沈むという「ホルエムアケト」のヒエログリフ。

実際の形はこれです。

N27.gif


河江さんが指摘するほうのヒエログリフは、

もう少し両脇が山のようになっていて、

それが二大ピラミッドであると指摘していますが、

どう見ても、とんがり型のピラミッドではない。



ヒエログリフのことを言うのであれば、

シリウス星をあらわすソティス女神のヒエログリフはどうなのでしょう。

ソペデト(ソティス)をあらわすヒエログリフは、






です。


こちらのほうが、よほどピラミッドの形に近い。


私は、真正ピラミッドの形の由来は、

これではないか、と考えています。



また、前にも書きましたが、

スフィンクスの新王国における呼び名

「ホルエムアケト」は略称です。



正式には

「ホルエムアケト・ケブリ・ラー・アトゥム」です。

ホルエムアケトでは、一部しか表していません。


そのためにだけ、壮大なピラミッドを2つつくるでしょうか。

そして、せっかくつくった2大ピラミッドを、

第三ピラミッドで台無しにするでしょうか。



また、地平線上の太陽である

「ホルエムアケト」は、

サンセットではなく、サンライズです。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。