So-net無料ブログ作成
検索選択

ピラミッドテキスト 2

ピラミッドテキストの訳は、見ればみるほどチンプンカンプンで、

全く意味がとれません。

たとえば、ウナス王の通路西壁の最後のほうにあるものは、

塚本明廣氏の邦訳によれば、こうです。


「王はネイトの子たるソベクとして出現し,王はその口で喰らい」


よくわかりません。ソベクはセベクとも呼ばれるワニ頭の神です。

王がワニの頭をしたソベク神になるという前提で訳されています。

しかし、王もオシリスになったり、ソベクになったり大変です。



私の訳だと、こうなるのです。

「ネイト神の息子ソベク神様、ウナス王をその御口でお食べにならないでください」



その次の行は、こうです。


「王は放尿し,王はその性器で番う。王は子種の主である」


どうも、はしたない。



私は、こう訳します。

「ウナス王は排泄をいたしますし、性交をいたしますが、その性器で自慰はいたしません」




さらに、その次の行は、このように訳されています。

「妻らをその夫らから奪う,王が望む時,彼の意のままに」

おやおや、ずいぶんとひどい王様です。

死して暴虐のかぎりをつくすのでしょうか。

しかし、オシリスになっているのならば、男性器は失われているはず。

だからソベクとなって他人の妻を奪うのでしょうか?




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。