So-net無料ブログ作成

旧メンフィスの位置

現在プタハ神殿があるあたりのメンフィス(「新」メンフィスとします)は、新王国時代の遺跡で、ピラミッド時代にはそこにありませんでした。

では古メンフィスはどこか。これが分かってないんです。ジェフリーという人はもう少し北のアブシール辺りだと言ってます。

レーナーの『ピラミッド大百科』も古拙時代のメンフィスを疑問符つきで示していますが、あれはないですね。違ってます。

まず古王国時代のナイル川は今より西側を流れていたというのは知られています。古メンフィスはナイル川より西側ですから、旧ナイルよりさらに西です。


このとき、氾濫原について考えたらいいんです。旧ナイル川の正確な場所は分からなくていい。街は必ず氾濫原より西側だから。

しかも、古メンフィスは、氾濫原に隣接してます。少なくとも船着場がありましたよ。


まず、西境を確定するんです。これはピラミッドの河岸神殿を繋いでいけばわかります。そのあと、近い等高線を繋ぎます。

氾濫の水量は毎年違います。でも、街は水没しない場所にあります。つまり最大水量の氾濫原のすぐそばです。

なぜなら水が必要だからです。そして、恐らく溜池がありました。じゃないと氾濫期ではない期間に水不足になりますから。

多分ピラミッドの建ってる台地と同じ場所です。ナイル川の西側の砂漠がネクロポリスだとか日が沈む方角とか言われてますが、関係ないです。そっちに首都があっただけです。

西側はナイル川が削ったため、高台になっていて、古王国時代には氾濫の影響を受けず、かつナイルに近かったんです。

私は古メンフィスの場所だいたいわかりました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。