So-net無料ブログ作成

ピラミッドテキスト その3

古代エジプト語は、今ですと珍しいVSO型の言語でした。

つまり、動詞、主語、目的語、の語順です。この基本的な語順は、めったに変わらないという、語順に関しては厳格さを持っていた言語です。

ところが、ピラミッドテキストは、所謂「供養文」ですから、王が文のアタマに来たりします。

で、迷うのが、一番アタマにオシリス神、次にウナス王など王のカルトゥーシュがあったりする箇所です。

この神の名と王の名は、どちらも、当然ながら名詞です。


「オシリスたるウナスよ」

のように訳されます。つまり、呼びかけだ、と。
ただ、間には何も言葉が入ってないんです。

「たる」に相当する部分が無い。


「オシリス・ウナスよ」のように逃げた訳もありますが、翻訳は意味が伝わらなくては、それこそ意味がないのです。

それは、古代の言葉であっても、それが言語だからです。

誰かから誰かに伝えるコミュニケーションの手段だからです。


もし、供養文だとすると、たいてい主語に相当するのは王で、王がオシリスに貢納します。

すると、「オシリス」までが呼びかけで、「ウナス王」からが主文かもしれません。なにせ、切れ目がわかんないんですよヒエログリフは。

オシリス様、ウナス王は与えます。あれやこれやを。

これが、割と一般的な供養文の定型なんですね。
「オシリスたるウナスよ」

にすると、動詞の次に主語相当のものがこないとおかしいわけです。

でも、神に与えるのが王じゃないとすると、誰が誰に与えてるかわからないんです。

誰かがオシリスたる王に与えてるなら、その誰かを主語にしないと。

やはり、貢納する主体は王であり、オシリスと王が一体化してるというのは、違うと思うんです。

ピラミッドテキスト 2

ピラミッドテキストの訳は、見ればみるほどチンプンカンプンで、

全く意味がとれません。

たとえば、ウナス王の通路西壁の最後のほうにあるものは、

塚本明廣氏の邦訳によれば、こうです。


「王はネイトの子たるソベクとして出現し,王はその口で喰らい」


よくわかりません。ソベクはセベクとも呼ばれるワニ頭の神です。

王がワニの頭をしたソベク神になるという前提で訳されています。

しかし、王もオシリスになったり、ソベクになったり大変です。



私の訳だと、こうなるのです。

「ネイト神の息子ソベク神様、ウナス王をその御口でお食べにならないでください」



その次の行は、こうです。


「王は放尿し,王はその性器で番う。王は子種の主である」


どうも、はしたない。



私は、こう訳します。

「ウナス王は排泄をいたしますし、性交をいたしますが、その性器で自慰はいたしません」




さらに、その次の行は、このように訳されています。

「妻らをその夫らから奪う,王が望む時,彼の意のままに」

おやおや、ずいぶんとひどい王様です。

死して暴虐のかぎりをつくすのでしょうか。

しかし、オシリスになっているのならば、男性器は失われているはず。

だからソベクとなって他人の妻を奪うのでしょうか?




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

ピラミッドテキスト

ウナス王のピラミッドテキストの中に、

同じようなフレーズの繰り返しがあり、

とくにオシリスが出てくるあたりで、

「オシリスたるウナスよ」

のように訳されていることに関し、

少々引っかかりを感じているんです。



ヒエログリフ的には、王座に目という組み合わせで「オシリス」が表され、

その下にカルトゥーシュに囲まれたウナスの名があります。


つまり、

オシリス ウナス

とあるだけ。


「オシリスたるウナス」
となっているが、


「オシリスよ、ウナスは」

かもしれない、と考えるのです。


なぜなら、亡き王がオシリス神となったなら、なぜ古きウナスの名で呼ぶ必要がありましょう。


また、オシリスとなったなら、なぜ色々と捧げ物をして、冥界の旅の安全を祈る必要がありましょう。


オシリスよ、ウナス王は捧げます。

のほうが、わかりやすいのですが。



で、オシリスたるウナス王に、「ホルスの目」を受け取れという訳がありますが、


おかしくないですか?

なぜ、オシリスにホルスの目をあげるのでしょう。


ホルスの目は、ホルスに返さねば。


セトに奪われた目は、ホルスに返すのが筋でしょう。


例えば、

オシリスよ、ウナス王にホルスの目をお与えください


なら意味が通るんです。

代わりに捧げ物をします、という。


ただ、文法的には、それもおかしいような。


オシリス

ウナス

与える(捧げる)

傷つけられた



ホルス

この順番なんです。


オシリスよ、ウナス王は、ホルスに傷つけられた彼の目を捧げます


だったらどうでしょう。

一応、ホルスの目はホルスに返りますから。


ピラミッドテキストの訳は、どうもチンプンカンプンで、何を言ってるかわかりません。


私は、ちゃんと意味が通るようなことが書いてあると信じています。





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。