So-net無料ブログ作成
検索選択

サーモグラフィー調査

とある証拠を探すのに1年もかかってしまった。




さて、クフ王の大ピラミッドを赤外線サーモグラフィーで調査したところ、

その一部に異常な高温が見られたそうだ。

東側の地表に近い石灰岩ブロックだそうだ。

報道写真からはごく一部しか垣間見ることはできないが、なんとなく

「それは実験チームのライトの熱ではないのか?」

という気がしてしまった。

まさかとは思うが。



宇宙線による透視実験には期待したいが、

赤外線サーモグラフィーで何がわかるのかは私にはよく理解できない。

大ピラミッドの中に階段ピラミッドが入っていることと、

マスタバのように各段が碁盤のように区切られていて、

中が石や砂で埋められているといったことが推測できるかもしれない。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。