So-net無料ブログ作成
検索選択
外装石 ブログトップ

第55回 「外装石の設置」 [外装石]

現在のピラミッドは、外側の外装石が剥がされてしまった状態です。

外装石は化粧石とも呼ばれ、

コア・ピラミッドの粗く茶色い石灰岩と違い、

トゥーラなどから運んだ白色石灰岩が使われ、

ピラミッドの表面を滑らかに、輝くように覆っていました。

よく言われるように、カフラー王のピラミッドの上のほうに、

外装石の名残があります。

800px-Alig_Khafre_Pyramid_top_437.jpg

http://de.wikipedia.org/wiki/Datei:Alig_Khafre_Pyramid_top_437.jpg




この外装石、どのタイミングで設置されたと思われますか?

内部のコア・ピラミッドが積みあがってから、

最後の仕上げで設置したと思われますか?



ここで、メンカウラー王のピラミッドの下部の外装石を見てみましょう。

メンカウラー王のピラミッドは、変わっていて、

下部の方だけ、赤色花崗岩の外装石なのです。

赤色花崗岩は、トゥーラなどより遠くのアスワン付近の産で、

硬く加工が難しいことから、

王の石棺にも使われる、高価な石材でした。

メンカウラー王のピラミッドは小さいので、

メンカウラー王の時代には王権が弱まっていたとみる向きもありますが、

もなかなか手間のかかったピラミッドではあったのです。



さて、メンカウラー王のピラミッドの赤色花崗岩の外装石は、

表面に凸凹があります。

しかし、一部だけ、滑らかに仕上げられています。

ちょうど真ん中の入口周辺です。

Menkaure%20entrance_640.jpg


http://egyptphoto.ncf.ca/pyramid%20of%20Menkaure%20entrance.htm


よく見ると、一つの石で、

滑らかに仕上げられた部分と、凸凹が残された部分とがある石が見えます。

つまり、わざわざ設置後に表面を削ったのです。



でも、凸凹のある石も、ちゃんと傾斜がつけられています。



このピラミッドは、最初から赤色花崗岩を強調するために、

敢えて凸凹のあるデザインにしてあるようです。


注目すべきは、表が滑らかか凸凹かではなく、

横の隙間です。

滑らかな石の部分では、ブロックどうしがピッタリと合わせられています。

おそらく、表面が凸凹であるブロックも、横はぴったりと合わせられています。

つまり、外装石は予め加工済みであったと言えます。

現場合わせでは、あそこまでしっかりと合わせることはできません。


「内部のブロックが積みあがった状態では、作業スペースが極端に狭く、

ピッタリと横の隙間を埋めるように現場合わせで削り上げる作業はできなかった」

のです。外装ブロックが加工済みであったことがわかります。



では、加工済みのものを持ち上げて、

内部のブロックがすべて組みあがったのちに、外から設置したのでしょうか?

私は、そのようには考えません。

横の隙間がぴったり合ったとしても、

今度は縦方向(奥行)で、内部ブロックとの「合わせ」が必要になってしまいます。

現在の大ピラミッドや第2ピラミッドの表面を見ると、

かなり内部のブロックがまちまちに並んでいます。

内部のブロックがあれだけ奥行方向に凸凹していれば、

外から設置した場合の外装ブロックの現場合わせは、困難を極めたはずです。



「外装ブロックはプレ加工済みであり、中から外に向かって設置された」

と考えるべきでしょう。

だからこそ、外装ブロックを剥がされたあとのピラミッドの表面は、

奥行方向に凸凹しているのです。

「内部ブロックによって現場合わせをされたから」

です。




おそらく外装石は、最後ではなく、内部のブロックとほぼ同時に

積み上げられていたと思われます。

ですから、カフラー王の第2ピラミッドの残された外装ブロックが、

上下段でずれている場所があるわけです。

このズレは、仕上げの未加工、あるいは地震によるズレ

と見做されることもありますが、

私は、プレ加工の外装ブロックを中から外に向けて設置する過程で、

上段の外装ブロックがやや外に出っ張ってしまったため、

ついにそのズレを解消できなかったのだ、と考えました。

外に出て外装ブロックを削って段差を解消する作業は、

地上100メートル以上の危険な場所での作業です。

外装ブロックは、中から外に押し出されるように設置されたのです。









nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
外装石 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。